本屋さん《のぬん》

breadcrums
ねこもにたぁ > ブログ > 本屋さん《のぬん》

どうもこんにちは。
のぬんです。

私は本屋が好きなんです。
そう言うと、
「本がお好きなんですね」
と言われたりするんですが、
本ももちろん好きですけど
本屋に行くこと、
それ自体が好きなんです。

本屋って、
当然、本を買うところ
な訳なんですが、
なんというか
手に取るにせよ
取らないにせよ、
たくさんの本が
読まれるのを
待っていてくれるという
その空気も
好きでして、
周りの人が引くくらい
ついつい
本屋に行ってしまうのです。
特に探してる本があるでもなく、
とはいえ、特に立ち読みもせず、
棚の周りをぶらぶらしてるだけの時も
多々あります。

でかい本屋に行くと
心が踊ります。
わあ!すごい数の本だ!
この店の中に
一体何文字くらいが
存在するのだろうか!
とか考えて
楽しいやら恐ろしいやら。

小さい本屋に行くと
心が弾みます。
この本屋さんは
どんな基準で
本を仕入れているのだろう。
その隠されたルールを
紐解いてやるぞ!
と意気込みます。

六法全書も
参考書も
漫画も
小説も
写真集も、
たくさんの本たちに
その本なりの
存在感があり、
ふと手に取った
どんな本の中にも
なんらかの出会いがある。

そんな出会いの場として
本屋さんは
ずっとあってほしいと思うのです。

ふと手に取ってみた本が
心の中で
すごく大きな位置を占めることも
多々あります。

いまどき、本は
AmazonやYahooなど、
ネットでも買えます。
でも、私には
ピンポイントで欲しい本を注文
っていうのでは
少し物足りない。

それはそれで
便利なんだけど、
想定しなかったような
特別な一冊との
一期一会がね、
味わいにくい。

ネットで本を買うのは
いわば、
結婚相談所からのマッチングを
待つようなもので、
街中でたまたますれ違った相手と
恋に落ちるような感覚は
やっぱり本屋でしか味わえないと
私は常々感じております。

ぜひ、本と出会いに
本屋さんへ!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました